5.12.15

PS Magazine Vol. 42 - Entrevista com Aoi e Uruha

O PS mobile publicou uma entrevista com o Uruha e o Aoi na edição 42 da PS Magazine. Um pequeno trecho da entrevista está disponível para todos lerem (abaixo), mas a entrevista completa só está disponível para assinantes do PS mobile.

PS Magazine Vol. 42
Trecho da entrevista com Aoi e Uruha (em Japonês)

ライブのオープニングで、すでにマックスでした(葵)

アルバム『DOGMA』の世界観を投影したツアー“the GazettE LIVE TOUR 15 DOGMATIC - UN -”を終え、11月にはシングル「UGLY」をリリース――と、ノンストップの活動を続けるthe GazettE。今回は第1弾のツアー「DOGMATIC - UN -」にスポットを当て、麗と葵のギタリスト・チームにツアーを振り返ってもらった。もちろん、「UGLY」や、今後の展開についても直撃! 果たしてその内容とは?

―まず“the GazettE LIVE TOUR 15 DOGMATIC - UN -”についてうかがいたいと思います! 『DOGMA』を掲げての初ツアーだったわけですが、手応えは?

葵:“DOGMATIC”なツアーでしたね……。

―それはそうなんですけど(苦笑)。アルバムの内容から考えても、かなりタフなライブを予想されていたのでは?

麗:実は今回のライブの流れって、案外シンプルだったりするんですよ。やっぱり中盤にはハードながらも聴かせる部分を作ってるし。激しいアルバムではありましたけど、そこは楽曲的に波がありましたからね。

―面白いと思ったのは、『DOGMA』の世界観を損なわずに、懐かしめの曲をうまく入れ込んでいた部分なんです。特に「Bath Room」がこのツアーで聴けるとは思わなかったんで、お客さんの反応もすごくよかった気がするんですが。

葵:そういう構成にする予定じゃなかったんですけどね(苦笑)。

麗:あの曲って、何かを持っていっちゃうようなところはありましたよね。良くも悪くも。

compartilhe nas redes sociais

Comente com o Facebook:

0 comentários:

Postar um comentário